MIYAKO GALLERY
生活にちょっとした逸品を
作家紹介

清水焼|雲楽窯 斎藤雲楽

清水焼作家 伝統工芸士
斎藤雲楽
 
五条坂に生まれ、三代目雲楽を継ぐ。
全国で初めて電気窯を取り入れ焼成に成功。独創の釉薬「青抹陶」から生まれる上品な質感と肌合いやわらかな陶肌に地色と乾山風の枯淡な絵柄を合わせた作品が人々の審美眼を楽しませ京焼、清水焼のルーツを彷彿とさせる。
日用品として発達した他の陶器とは一線を画し、京都にて茶の湯の隆盛とともに「人の目を楽しませる事を念頭に」手間を惜しまず、伝統の味わいに革新の輝きを吹き込む。
 
伝統工芸士。京都市伝統産業技術功労者を受賞。